鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を和らげる為には、アレルギーの治療薬を利用することが手っ取り早い解決方法になります。アレルギー治療薬として効果的なのがザイザルやアレグラで、どちらも効果の高さや副作用の発生率の低さに定評があります。

全身が蕁麻疹に・・その原因と予防方法を紹介!

特に皮膚に異常がない人でも一度は蕁麻疹になったことがある人は多いでしょう。
蕁麻疹の症状としては突然何の前触れもなく身体に小さなふくらみが現れます。
ふくらみは身体の一部分に現れる時もありますが、全身にあらわれる時もあります。

蕁麻疹の大きな特徴として、何もしなくてもしばらくすれば何もなかったかのように症状がおさまるというものがあります。
蕁麻疹がどうして発生するのかというと、何らかの刺激によってヒスタミンなどの物質が分泌されることによって発症します。

では蕁麻疹のそもそもの原因とはいったい何なのでしょう。
蕁麻疹が発生する原因として考えられるものとしては大きく二つあります。

蕁麻疹が発症する原因として考えられるものの一つとして挙げられるのがアレルギーです。
アレルギーにもいくつか種類がありますが、特に多いのが食べた食材によって引き起こされるアレルギーです。
卵や乳製品、魚介類などアレルギーの原因となる食べ物は多岐にわたります
それ以外に引き起こされるアレルギーの原因としては、特定の薬によるものやムカデやハチなど、特定の虫に刺されたり咬まれたりすることによるものがあります。

もう一つ、大きな原因といわれているのが心因性蕁麻疹、いわゆるストレスよって引き起こされる蕁麻疹です。

私たちの体は自律神経に司られています。
自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、ストレスを強く受けるとこのバランスが大きく崩れます。
すると少しの刺激でも体内の免疫システムが過敏に反応するようになります。
その結果蕁麻疹が発生するのです。

蕁麻疹を発症する人の内70パーセント近くは特に理由がよく分からないとされています。
理由がよく分からない場合はたいていストレスを溜めこんでいることが原因である場合が多いです。

蕁麻疹が頻繁に発生し、皮膚科を受診しても改善されない場合は心療内科など心のケアをしてもらえる病院を受診してみましょう。

蕁麻疹にならないようにする予防方法

頻繁に蕁麻疹が発生すると、外出もままなりません。
もし頻繁に蕁麻疹が発生する人は発生しないようにする為に日ごろから予防しておくことが重要です。

特に子供の蕁麻疹が頻繁に発生する場合は、アレルギーを疑った方が良いでしょう。
子供は大人と比べるとストレスによる疲れなどから発症する可能性は低いです。

頻繁に蕁麻疹を発症するようであればその時食べていた食事を思い出してみましょう。
もしかするとその食事の中にアレルギー反応を起こすものが存在していて、それによって蕁麻疹を発症しているかもしれません。

その場合の予防法としてはアレルギーになっている食べ物を特定し、その食べ物を食べさせないようにする必要があります。
子供の蕁麻疹で病院を受診する場合はアレルギー検査も同時におこなった方がよいでしょう。

心因性による蕁麻疹が原因である場合はストレスや疲労を溜めこまないように生活習慣を改善する必要があります。
疲れを取るための基本となるのが睡眠です。
睡眠時間が不足しているならば睡眠時間を増やす必要もありますが、それ以上に重要なのが睡眠の質を高めることです。

睡眠の質を上げるためには睡眠の前に脳の刺激となることをしないようにしましょう。
寝る直前までテレビを見たり携帯電話を見ることで睡眠の質は低下します。
睡眠の一時間前はテレビを消して携帯電話を見ないようにし、脳を落ち着かせるようにしましょう。

ストレスを感じた場合は早めにストレスを解消することも蕁麻疹の予防としてとても有効です。
ストレスの解消法には人それぞれ相性があります。
自分なりの解消法を見つけて、休日などを利用してこまめにストレスを解消するようにするとストレスを溜めこまなくなります。

関連記事