鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を和らげる為には、アレルギーの治療薬を利用することが手っ取り早い解決方法になります。アレルギー治療薬として効果的なのがザイザルやアレグラで、どちらも効果の高さや副作用の発生率の低さに定評があります。

アレルギーは突然出るのは何故ですか?

子供の頃はアレルギーではなかったのに、大人になってから突然アレルギーが出てしまうこともあります。
大人に多い食物アレルギーとは、特定のものを食べ続けることにより、免疫の矛先が自身の体に働いてしまうという状態です。
それによって体にさまざまな症状が発生してしまいます。

食物アレルギーは免疫の矛先が自身の体に向いてしまうものであり、食物を異物と判断してしまうことが原因です。
これは特定の食物に対しての反応とされており、その食物が少しでも含まれている料理には反応してしまいます。
人によっては調味料やエキスなどがアレルゲンになることもあるので注意しましょう。

アレルギーの原因物質は主に卵や乳、小麦などが挙げられます。
特に卵に反応する人が多く、全体の約40%を占めています。
タンパク質にはアレルギーを起こしやすい構造とそうでない構造があり、タンパク質が多いからといってアレルゲンになりやすいというわけではありません。

また、大人の場合は甲殻類や小麦、果物のアレルギーが多くなるとされています。
子供の場合と原因になりやすい食物が異なっていますが、どの食物を異物と判断してしまうのかは人によって異なっています。
食物アレルギーが気になる場合は検査を受けた方が良いでしょう。

子供の食物アレルギーは治ることがほとんどなのですが、大人の場合は治らないことが多いです。
そのため大人はできるだけ食物アレルギーを発症させないようにすることが大切です。
まずは同じものを続けて食べないようにすることがポイントです。

食物アレルギーは同じものを食べ続けると発症しやすくなります。
毎日同じものを食べている場合、容量オーバーになりやすくなるので注意しましょう。
特に朝食は時間がないので毎日同じものを食べている人もいるかもしれません。
容量オーバーにならないようにするため、食事のバリエーションを増やすことや同じ食べ物でも1日おきにするなどの工夫が必要です。

また、食物アレルギーは免疫力が低下すると突然発症しやすくなります。
ストレスや疲労は免疫力を低下させる大きな原因であり、適度な休養を取ることがポイントです。
ストレスを解消するためには体を動かすのがおすすめです。

薬以外のアレルギーの治療として減感作療法

アレルギー治療としての減感作療法とは、その患者の原因物質を少しずつ体内に入れていくという治療法です。
少しずつ量を増やしていくことにより、アレルゲンに対する過敏な反応を減らしていくことに繋がります。

免疫システムはもともと細菌やウイルスなどが体内に入り込んだ時に働くものであり、体を守るために存在しています。
アレルゲンは外敵ではないのですが、体が異物と勘違いすることでアレルギー反応が起こってしまうということです。

この勘違いを直すためにほんの少しだけアレルゲンを体内に入れることになります。
少ない量のアレルゲンに接触した場合、免疫系の反応が弱くなってしまいます。
この減感作療法という治療を続けることで薬が不要になることもありますし、薬が必要な場合でも大幅に減らせるようになります。
アレルギーを治したいなら減感作療法が最もおすすめとされています。

減感作療法はアレルギーを治すことができる唯一の方法と言われていますが、どんな人にも必ず効くというわけではありません。
人によっては効果が出ないこともあるので注意しましょう。
減感作療法は注射による方法が一般的です。
アレルギー物質を含んだ液を低い濃度から注射し、少しずつ濃度を上げていきます。
濃度を急に上げるのは危険であり、毎週1回の注射を4~6ヶ月程度続けることになります。
治療は3年以上継続する必要があるため、通いやすい病院を選ぶようにしましょう。

注射による方法は痛みが不安だという人もいるでしょう。
そのような人におすすめなのはアレルギー物質を含むエキスを舌の下に滴下するという方法です。
これを約2分間舌下に保持してその後に吐き出します。
この治療方法は注射に比べてかなり通院回数が少なくなります。
しかし、1ヶ月に1回程度の通院は必要になると知っておきましょう。

関連記事